読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suketarooの気まぐれ日記

自分の日常や趣味、デュエマ等の事を不定期にですが、つぶやきます。 odukというふたつ名を持ちますw ←どうでもイイw Twitterやってます! https://twitter.com/suketaroo1

青緑ゼニスエビデゴラス

この前まで次のターンに龍解したドラグハート・クリーチャーは召喚酔いしないというルールを間違えて覚えていました…。友人、すまん(´・ω・`)

 

 

では気を取り直してデッキ紹介します!今回はデッキレシピの他に一部のカードの説明、採用を検討できるカードを紹介していきます。今回は結構ガチで考案したデッキです。

 

 

☆デッキレシピ☆


2 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 光牙忍ハヤブサマル
4 x 電脳決壊の魔女 アリス
1 x 次元流の豪力
2 x 飛散する斧 プロメテウス
4 x 龍覇 M・A・S
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
2 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
2 x 「祝」の頂 ウェディング
1 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
1 x セブンス・タワー
1 x 再誕の社
2 x リーフストーム・トラップ
4 x ドンドン吸い込むナウ
3 x 超次元フェアリー・ホール
1 x ノーブル・エンフォーサー

 

超次元ゾーン
1 x 時空の鬼若コーシロウ/戦鬼の覚醒者ダンジューロウ
1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 龍波動空母 エビデゴラス/最終龍理 Q.E.D.

 

水のドロー&サーチと自然のブーストをフル活用し、ゼニスに繋げるデッキです。《最終龍理 Q.E.D.+》を龍解する為に《電脳決壊の魔女 アリス》等を使います。基本的に《龍波動空母 エビデゴラス》でドローしつつ安定した動きでゼニスに繋げます。何だかんだでゼニスの制圧力は未だに健在ですので、召喚してしまえば圧倒的なアドバンテージを獲得出来ます。それにしても《ピクシー・ライフ》強ェ…。

 

 

☆デッキ内で紹介・説明しておきたいカード☆

●《龍覇 M・A・S》

かなり強力なカード。まず、場に干渉でき、更に《龍波動空母 エビデゴラス》という次に繋がる置きドローを出す為、腐る場面が少ない。《勝利のリュウセイ・カイザー》等もバウンス出来る為、こういうコントロールの場合は《龍覇 メタルアベンジャー》よりも採用したいですね。

 

●《「祝」の頂 ウェディング》

フィニッシャー。一気に相手の4枚をシールドに飛ばし、地道にシールド焼却できるカード。普通に11マナ払って召喚しても強力ですが、《「智」の頂 レディオ・ローゼス》で相手の手札を空にしてから召喚するのが一番の理想。

 

●《「智」の頂 レディオ・ローゼス》

召喚するだけで5枚ドローと5枚ハンデスという莫大なハンド・アドバンテージを稼ぐゼニス。オーバーキル気味ではあるものの《龍波動空母 エビデゴラス》の龍解も可能という点は覚えておいて損は無いです。

 

●《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》

強力なドラゴンが増え始めたので採用。ただデアリモルト等、効かないデッキには効かないので過信はしない事。ただ全体バウンスは強力。

 

●《ノーブル・エンフォーサー

言わずと知れた速攻対策。前は速攻以外では腐る事もありましたが、最近はデアリモルト等、割とこのカードが影響されるデッキが増え始めたので採用。

 

●《電脳決壊の魔女 アリス》

《龍波動空母 エビデゴラス》と抜群の相性を誇るカード。クリーチャーの為、完全に腐る事が少ない為、4枚投入。1枚くらいは《パクリオ》とかでも良いかも。そこは割と自由。

 

 

他に採用を検討できるカードの例

自然

●《二角の超人》

極めて高い汎用性を誇るジャイアント。ブーストするカードとして使ってもよし。マナ回収してもよし。枠があれば採用を考えているカード。

 

●《偽りの名 ハングリー・エレガンス》

相手のドローに反応するブースト効果が便利。忘れがちなマナからアンノウンを召喚する効果もこのデッキでは有効に活用できます。僕個人としても枠があれば採用したいカードです。

 

●《高飛車姫プリン》

現在流行中の《龍覇 グレンモルト》+《銀河大剣 ガイハート》の龍解を止めれるのが便利。また、ビート全般やワンショットするデッキ相手にも使えます。1、2枚入れても問題ないと思います。

 

●《ライフプラン・チャージャー》

ゼニスは重いので、それらをサーチし、ブーストも行うこのカードは便利です。採用しても全然問題ないカードだと思います。正直好み。

 

●《グローバル・ナビゲーション》

クリーチャー回収をしてくれるので終盤になると強さに磨きがかかります。デッキの守りを強くしつつマナも利用したい場合は投入の余地あり。

 

●《叫鬼 ジャミング・ビート》

少しマニアックなクロスギア。クリーチャーにクロスされていなければ相手の呪文のコストを1上げます。あまり使わないカードですが、こういうデッキで序盤から行える呪文メタは便利。クロスギアなので、《トンギヌスの槍》等の除去を除けば、対処されにくいのも利点。

 

●《ガンリキ・インディゴ・カイザー》

簡単に言えば「大きくなった高飛車姫」みたいなスペックのカード。こちらはすでに場にクリーチャーがいた場合、それらを止める事は出来ないですが、次からのクリーチャー展開による一斉攻撃を抑制する事が出来ます。また、W・ブレイカーなのも評価。

 

●《パクリオ》

序盤で活躍。シールドに送るので、再利用させにくい点が評価。他のカードのシナジーは無いものの序盤の邪魔工作としては充分な性能。周囲でコントロールが流行ったりしたら是非。

 

●《サイバー・N・ワールド》

手札と墓地のリセット。5枚ドローできるので、《龍波動空母 エビデゴラス》を龍解できるのは誰もが思い付く事。他に墓地メタにもなるので、1、2枚程度の投入は良いかもです。相手にもドローを許してしまう点は少々痛いですが、便利なカードです。

 

●《終末の時計 ザ・クロック》

む…無理だ!俺はガイギンガを止めれねえ!…と思っているあなたはこれを採用しましょう。まあシールドに埋まってないと腐るので「たら、れば」ですがw ただ逆にシールドに1枚でも埋まっていれば何でも止める事が出来るので、防御カードとしての採用はあながち間違いではありません。もちろん過信は禁物。

 

●《ブレイン・タイフーン》

3枚ドローして1枚捨てる呪文。《電脳決壊の魔女 アリス》と違い、呪文なのでメタを張られやすいですが、《蒼狼の始祖アマテラス》で撃てる、手札が実質増えるといったメリットがあります。恐らくお好みでしょう。もちろん《電脳決壊の魔女 アリス》とセットで使っても良いかもしれません。

 

●《超次元エナジー・ホール》

《勝利のリュウセイ・カイザー》や今は入ってないですが、《アクア・アタック <BAGOOON・パンツァー>》が出せます。1枚ドローも出来るので、優秀なカードではあります。

 

●《強奪者 テラフォーム》

場に維持できれば安定してブースト出来ます。今回は《超次元フェアリー・ホール》からの《魂の大番長「四つ牙」》が安定しているので不採用としましたが、マナに埋める事で水と自然のマナを生み出す、デッキ内のクリーチャー比率を上げるといった点で差別化が可能です。

 

●《フェアリー・シャワー》

充分採用圏内に入ります。《蒼狼の始祖アマテラス》の選択肢としても有能。ただ投入しすぎると多色カードが来すぎて事故る可能性が出るので、採用する場合は枚数調整は慎重に。

 

ゼロ

●《神青輝 P・サファイア》

こういうデッキで大型のスピードアタッカーは強力。フィニッシャーの1体として採用する価値はあると思います。ただS・トリガーは使われるので、ちゃんと勝負を決めれる時に活用したいところ。

 

●《墓地の守護者メガギョロン》

場に出すと呪文を回収できます。パワーが1000と低いのは残念ですが、ブロッカーなので守りを固めれます。また殴る事も可能です。使い終わった《ドンドン吸い込むナウ》等を回収できるのは便利。また地味に《光牙忍ハヤブサマル》も回収可能。意外と万能かも。

 

 

 

↓DMvaultでもデッキ公開中です。よろしければ下のURLからご覧下さい。

http://dmvault.ath.cx/deck1024420.html