読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suketarooの気まぐれ日記

自分の日常や趣味、デュエマ等の事を不定期にですが、つぶやきます。 odukというふたつ名を持ちますw ←どうでもイイw Twitterやってます! https://twitter.com/suketaroo1

ショー持ってない田舎者の赤単ガトリング

《炎舌実況 DJ・ショー》が無くて《斬込隊長マサト》で代用した赤単ガトリングの紹介です。あと《音速 ニトロフラグ》を3枚しか持ってないので、1枚《タイラーのライター》で代用しています。

 

f:id:suketaroo:20150806145446j:plain

 

デッキレシピ

●凶戦士ブレイズ・クロー×4

●螺神兵ボロック×2

●斬斬人形コダマンマ×4

●爆冒険 キルホルマン×4

●斬込隊長マサト×4

●爆襲 アイラ・ホップ×2

●鬼切丸×4

●爆炎シューター マッカラン×4

●音速 ニトロフラグ×3

●タイラーのライター×1

●音速 ガトリング×4

デュアルショック・ドラゴン×4

 

 

動かし方

 とてもシンプルで簡単な構成です。序盤からシールドブレイクしていき、《音速 ガトリング》やマンマショックで打点を増やしつつ殴っていくだけです。プレイングを考えるところは《爆炎シューター マッカラン》の除去を優先するかスピードアタッカーで殴るか決めるところです。

 1マナアタッカー→《爆冒険 キルホルマン》からの《音速 ガトリング》→次のターンで一斉攻撃か、1マナアタッカー→マンマショック→《鬼切丸》等のスピードアタッカーで3キル狙います。

 

 

カードの説明

●《凶戦士ブレイズ・クロー》

 元祖・1マナ最軽量アタッカー。速攻というデッキコンセプト上、強制攻撃のデメリット効果は痛くありません。初手で握っていたら迷わず出しましょう。当然ながら4枚安定の由緒正しきカード。

 

●《螺神兵ボロック》

 5枚目以降の《凶戦士ブレイズ・クロー》といった立ち位置のカードです。相手が光か水が入ってるデッキなら完全に腐るケースもありますが、そういったデッキでは1枚シールドをブレイク出来るだけでも充分です。逆に光と水が入ってないデッキであれば、デメリット無しの1マナアタッカーとして機能します。基本は4枚投入されますが、僕は2枚の枠を《爆襲 アイラ・ホップ》にしています。

 

●《斬斬人形コダマンマ》

 赤単でシールドから手札補充出来るカード。元々速攻は耐えられたら終わり。ミラーマッチでなければ恐れずガンガン出して補充していきましょう。また、《デュアルショック・ドラゴン》を自分から出すマンマショック戦法も使えます。ミラーマッチの場合は良くて1回のプレイが無難です。

 

●《爆冒険 キルホルマン

 ハイスペックなカード。登場時にデッキトップを墓地に送り、ヒューマノイドかドラゴンならスピードアタッカーに。2ターン目で出して《音速 ガトリング》に侵略出来れば、勝利もより近くなります。運任せなカードですが、高確率でスピードアタッカーになるので、トップで引いてもワンチャンあります。

 

●《斬込隊長マサト》

 《炎舌実況 DJ・ショー》を持っていないので、代わりとして使ってるカードです。スピードアタッカーにするには自分のクリーチャー1体を手札に戻さないといけないですが、召喚酔いしてるカードを戻せば、打点が増えます。一応、1マナアタッカーを戻せば、2ターン目に持ってれば確実に《音速 ガトリング》に侵略出来るというのは、《炎舌実況 DJ・ショー》に無い利点です。総じて癖のあるカードと言えますが、代用カードにしては結構使えます。あまりしないですが、《爆炎シューター マッカラン》を戻して登場時の強制バトル効果をもう1回使うといったプレイングは頭に入れておきたいです。

 

●《爆襲 アイラ・ホップ》

 小型のS・バック。《デュアルショック・ドラゴン》と違い、自身が小さい代わりにシールドを1枚墓地に置かなくて済み、《音速 ガトリング》に侵略出来るメリットを持ちます。一応普通に出しても良いスペックです。力不足感は否めませんが…

 

●《鬼切丸》

 実質4000のスピードアタッカー。トドメをさす時にも使え、このデッキでは便利なカードのひとつです。

 

●《爆炎シューター マッカラン

 実は結構重要なカード。こういったデッキで相手の除去を行えるのは貴重です。ブロッカーを倒しても良いし、厄介なクリーチャーを倒しても良し。特にミラーマッチでは、このカードの使うタイミングも勝敗を分ける場面もあります。

 

●《音速 ニトロフラグ》

 個人的にこのデッキの中ではマイフェイバリットカード。《鬼切丸》や《タイラーのライター》と違い、相手のシールド2枚以下じゃないとスピードアタッカーにならない点がありますが、速攻ですので、基本出してる頃には条件を満たしている事が多いです。この効果の最大の利点は自分の火のクリーチャー全てがスピードアタッカーになること。後続が全員スピードアタッカーになるのは相手にとってはたまったものでは無いはず。《凶戦士ブレイズ・クロー》あたりとセットで出しても良いしマンマショックで一気に打点を増やすのも良いです。また、攻撃中はパワー5000になるのも見逃せないポイント。

 

●《タイラーのライター》

 《音速 ニトロフラグ》の4枚目の代用カード。とはいえコチラはこのデッキだと条件無しでスピードアタッカーになるので、コチラのおかげで殴り返し出来たとかもあります。《音速 ニトロフラグ》の4枚目が無くて余った枠に入れたカードですが、性能は《鬼切丸》の5枚目といった感じです。

 

●《音速 ガトリング》

 切り札。火のヒューマノイドか火の侵略者が殴った時に侵略出来ます。単純にいきなり攻撃したクリーチャーが6000のW・ブレイカーになると考えただけでも破格なスペックです。一見地味に見えるパワーアタッカー+1000も《諸肌の桜吹雪》を突破したりと実は無視出来ない能力です。

 

●《デュアルショック・ドラゴン》

 ミラーマッチか《斬斬人形コダマンマ》から現れるドラゴン。8000のW・ブレイカーと速攻に入ってるとは思えないスペックのカードです。3キル要員にもなっており、同系でこのカードのS・バックするかしないかという選択は非常に重要です。

 

 

入れたいカード

●《炎舌実況 DJ・ショー》

 登場時にジャンケンに勝つとスピードアタッカーになり、バトル時にジャンケンに勝つとパワーが6000上がるカード。運任せカードですが、3キルの確率が上昇し、《斬込隊長マサト》と違い、殴り返しに耐性がある、トップで引いてもチャンスがあるといった様々なメリットがあります。4枚必須カードだと思っています。《斬込隊長マサト》も確かに強いですが、もしコチラを持っているのであれば、コチラのほうを優先すべきと思います。

 

●《フレイムランス・トラップ》

 さすがに地雷かw

 

 

 

今回はここまで!また機会がありましたらよろしくお願いします!