読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suketarooの気まぐれ日記

自分の日常や趣味、デュエマ等の事を不定期にですが、つぶやきます。 odukというふたつ名を持ちますw ←どうでもイイw Twitterやってます! https://twitter.com/suketaroo1

カウンターの容量で禁断解放! 禁断カウンターデッキ

はいsuketarooです! 今回はS・トリガーと《ボルシャック・ドギラゴン》で相手ターンに禁断解放を狙うカウンターデッキを紹介します。

 

 

禁断カウンター デッキレシピ

 

●禁断〜封印されしX〜/伝説の禁断 ドキンダムX…1枚

●爆炎シューター マッカラン……………………………4枚

●禁断 C マーモ…………………………………………4枚

●爆裂オトコダ・マー………………………………………3枚

●音速 C トリグ…………………………………………3枚

●音速 タルボ………………………………………………2枚

●ボルシャック・ドギラゴン………………………………4枚

●熱血龍 メッタギルス……………………………………2枚

●燃える革命 ドギラゴン…………………………………1枚

●熱血龍 バトクロス・バトル……………………………4枚

●メガ・ブレード・ドラゴン………………………………4枚

●ジャジャーン・カイザー…………………………………4枚

●ジ・エンド・オブ・エックス……………………………4枚

 

 

さて、このデッキは殆どのカードが火のコマンドのトリガーで構成されている異色なデッキです。元々は身内が考えたネタで、カウンター要素を突き詰めたらどうなるのかと思い、作成しました。

 

基本的には《禁断 C マーモ》等で地道に殴りつつ、少しずつ封印を解除していきます。相手が殴ってきたら大量のトリガーで逆襲し、《禁断〜封印されしX〜》を《伝説の禁断 ドキンダムX》に禁断解放するといった動きを行います。見た目以上に受け身のデッキであり、相手が動いたら動くデッキですので、速攻やビート相手には強いです。

 

《ボルシャック・ドギラゴン》は出来る限り手札に抱えておく事がコツです。

 

《単騎連射 マグナム》等のメタカードに弱いので、《爆炎シューター マッカラン》で対処します。

 

 

各カードの説明

●禁断〜封印されしX〜/伝説の禁断 ドキンダムX

このデッキの主役。禁断解放後はバトルゾーンから離れると負けるという致命的なデメリットがありますが、相手に封印を付ける効果で一旦相手の動きを止める一瞬の制圧力はゲームを制するのに相応しい効果と言えます。基本的に禁断解放したら《禁断 C マーモ》でデメリットを多少ケアして殴りに行きます。カウンターデッキですので、相手が殴らないなら地道に封印を外していきましょう。

 

●爆炎シューター マッカラン

登場時にマナ武装3で敵1体とバトル。これが非常に便利で、先攻ならバイクの《一撃奪取 トップギア》を破壊出来たり、《単騎連射 マグナム》といった厄介なメタカードも対処出来ます。場合によっては普通に出して殴る事もあります。

 

●禁断 C マーモ

コマンドですので、登場時に封印を外せます。《伝説の禁断 ドキンダムX》の代わりに破壊出来るので、1体でも立てておけば安心感があります。基本は普通に出して封印を外す役割&アタッカーの役割を担います。禁断解放後の為に1枚手札に抱えておくのも有効的な手段です。

 

●爆裂オトコダ・マー

全てのクリーチャーが強制攻撃をしなければならないカード。使いどころが重要で、自分のクリーチャーも強制的に殴らないといけないですが、相手がクリーチャーを出した返しのターン等で出せば、嫌でもシールドをブレイクさせる事が出来ます。仮に除去されても火のコマンドですので、登場時に封印を外せるという点で完全に腐る事はそうありません。扱いが困難なぶん使いこなせば相手も困るはず。

 

●音速 C トリグ

バトル時パワーが5000になる火のトリガーコマンド。極めて平凡なスペックで、このカード自身は強くないですが、トリガーのコマンドの為、相手ターンで《禁断〜封印されしX〜》の封印を外す事が出来ます。

 

●音速 タルボ

強制攻撃しなければならないですが、パワーが常に5000の《音速 C トリグ》。これもこのカード自身のスペックはそれほど高くないですが、相手ターンで禁断解放を狙うこのデッキでは活用出来る1枚です。

 

●ボルシャック・ドギラゴン

このデッキの守りの要であり、最後のカウンター要素。接戦ではこのカードの握ってる枚数が勝敗に関わる事も。火のコマンドをめくって革命0トリガーすれば、封印を2枚外せ、1体で3打点形成出来ます。返しのターンの一斉攻撃のスペックとしても申し分無いです。また、普通にビートしていくうえで7マナ溜まったら進化して殴りに行けるのもありがたい。

 

●熱血龍 メッタギルス

マナ武装5でトリガーになる為、2枚積み。それでもトリガー化して出れば封印1枚外して除去を行うW・ブレイカーというのは強力。普通に出してもフォートレス除去したり等、小回りが効きます。

 

●燃える革命 ドギラゴン

最後の切り札。《ボルシャック・ドギラゴン》で耐え凌いだ返しのターンで出す事で、革命2効果で出したターン中なら《伝説の禁断 ドキンダムX》が除去されても負けず、革命0で無限攻撃でより決めやすくなります。決まれば爽快感があり、何よりこのカードのヒーロー性には魅力があります。是非革命ダブル発動を狙いましょう!

 

●熱血龍 バトクロス・バトル

出た時に封印1枚外し、敵1体とバトルを行うトリガー。相手ターン中に出ると場に残らないのが難点ですが、7000以下1体除去しつつ封印外せるトリガーと考えると中々。クリーチャーですので、《ボルシャック・ドギラゴン》の成功確率を上げてるのも良い点です。

 

●メガ・ブレード・ドラゴン

出た時に封印1枚外し、相手ブロッカーを一掃するトリガー。カウンターで返しで決めに行く時に出ればブロッカーに遮られる事も無くなり、勝負が決まりやすくなります。《熱血龍 バトクロス・バトル》と違い、バトルゾーンに残って打点になるのも評価する点。

 

●ジャジャーン・カイザー

性能面では《メガ・ブレード・ドラゴン》より劣り、単体のスペックは低いと言わざるを得ないですが、このデッキでは火のトリガーコマンドという点《メガ・ブレード・ドラゴン》の5枚目以降のカードという感じで採用出来たカード。

 

●ジ・エンド・オブ・エックス

このデッキ唯一の呪文トリガー。自分の封印も外せて相手に封印を付ける事ができ、5マナと手打ちしやすいと万能呪文。ただし、相手がコマンド採用して簡単に封印を外せるデッキが周囲で多いならあえて《リベレーション・オブ・ジ・エンド》にする選択肢もあるかもしれません。汎用面では間違いなくこちらが上ですが。

 

 

 

以上です。バイクや《オールデリート》とかと組み合わせる事が多い《伝説の禁断 ドキンダムX》ですが、こういった形にしか無い楽しさもあると思います。

 

まあカウンター型は自分の身内のほうが研究して完成度高く仕上げてますがw

 

ではsuketarooでした!