読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suketarooの気まぐれ日記

自分の日常や趣味、デュエマ等の事を不定期にですが、つぶやきます。 odukというふたつ名を持ちますw ←どうでもイイw Twitterやってます! https://twitter.com/suketaroo1

ボルメテウス・蒼炎・ドラゴンを一気に並べよう! 蒼炎トワイライトデッキ

はいどうも、suketarooです!今回は《超電磁トワイライト・Σ》を使って《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を一気に並べる事を狙ったデッキをご紹介します!

 

 

蒼炎トワイライト デッキレシピ

 

●トロン………………………………………3枚

●一撃奪取 マイパッド……………………4枚

●クゥリャン…………………………………4枚

●パラダイス・アロマ………………………1枚

●パクリオ……………………………………4枚

●電脳麗姫ジェリー…………………………4枚

●コーライル…………………………………2枚

●超電磁トワイライト・Σ …………………4枚

●ルナ・ヘドウィック………………………4枚

●ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン…………4枚

●ストリーミング・シェイパー……………1枚

●ヒラメキ・プログラム……………………1枚

●海底鬼面城…………………………………4枚

 

 

動かし方

 

《海底鬼面城》で手札補充しつつ、軽量のサイバーロードを並べていき、6マナ溜まったら《超電磁トワイライト・Σ》を出し、バトルゾーンのサイバーを戻して手札から《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を一気に展開し、相手のシールドを一気に焼却していきます。《海底鬼面城》の効果を最大限に活かす為、最軽量サイバーロードである《トロン》が入っています。また、《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》で焼却を行う事が出来る為、相性が良い《パクリオ》、除去出来る《コーライル》等を駆使して安定した動きを狙いましょう。

 

 

各カードの説明

●トロン

1マナの最軽量サイバーロード。《超電磁トワイライト・Σ》の進化元になるだけではなく、《海底鬼面城》の追加効果も使え、余ったマナで出せるので非常に便利。ブロッカーなので、序盤の守りにももってこいです。

 

●一撃奪取 マイパッド

1体目の水のクリーチャーのコストを1下げるカード。サイバーロードではないですが、《パクリオ》に繋ぐ事が出来るので便利。その他1ターンで複数のサイバーロードを展開したり、展開要員になってくれます。ただし、サイバーではないので、その点は注意。

 

●クゥリャン

出た時に1ドロー出来るサイバーロード。非常に便利なカード。《海底鬼面城》の追加効果にも反応するし、《超電磁トワイライト・Σ》の補助もしてくれます。手札に《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を集める事が重要なこのデッキでは1ドロー出来るサイバーってだけでも充分価値はあると言えます。

 

●パラダイス・アロマ

展開要員。殿堂カード。《超電磁トワイライト・Σ》と好相性なカード。《海底鬼面城》要塞化状態で《トロン》や《クゥリャン》等を出すついでに出すと良いでしょう。

 

●パクリオ

相手の手札を1枚シールドへ送るカード。最終的に《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》でシールドブレイクを行うこのデッキでは非常に有能なコントロール性能を持つカードです。《一撃奪取 マイパッド》から繋げるとかなり有利な状況になります。

 

●電脳麗姫ジェリー

出た時に1ドローするトリガー持ちサイバーロード。トリガーで出れば、1ドローしつつサイバーが1体増えるので、展開補助も兼ねて4枚積み。また《ヒラメキ・プログラム》を使えば、《超電磁トワイライト・Σ》を踏み倒す事も可能です。

 

●コーライル

敵1体をデッキトップに送るカード。単純に時間稼ぎとしても非常に有能で、《電脳麗姫ジェリー》と同じく《ヒラメキ・プログラム》で《超電磁トワイライト・Σ》を出す要員にもなります。また、《超電磁トワイライト・Σ》効果で出し入れすれば、相手のトップをいじくる事も出来ます。

 

●超電磁トワイライト・Σ

核。出た時にサイバーを好きなだけバトルゾーンから手札に戻して戻したぶんだけ手札からサイバーを出します。これでバトルゾーンにあるサイバーたちを手札に戻して《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を一気に踏み倒し、相手のシールドを一気に焼却しましょう!

 

●ルナ・ヘドウィック

出た時に1ドロー出来るサイバー。サイバー・ムーンなので、《海底鬼面城》の追加効果は使えませんが、ブロッカーなので、トリガーとしての性能は《電脳麗姫ジェリー》以上の性能を持ちます。ちなみにコイツに《ヒラメキ・プログラム》を使うと《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》が出せます。

 

●ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン

フィニッシャー。実は水のサイバーでもあるので、《超電磁トワイライト・Σ》で踏み倒す事が可能です。一度に2、3体並べば、勝ちきる事も容易に出来るはず。ブロックされないので、確実に攻め込む事が可能です。

 

●ストリーミング・シェイパー

4枚確定補充カード。引いたら撃つ。撃てば変わる。古くから存在する青単を支える殿堂呪文。

 

●ヒラメキ・プログラム

ちょっと特殊なカード。基本的には5マナのクリーチャーに使って《超電磁トワイライト・Σ》を出す為に使います。また、《ルナ・ヘドウィック》に使って《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を出し、コンボせずに殴っていくというプレイも出来ます。

 

●海底鬼面城

優秀な置きドロー。とにかく手札に《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を溜め込まないといけなくてサイバーロードが大量に積まれているこのデッキでは非常に重宝する城です。要塞化しすぎると相手の手札も一気に増えてしまうので、多くても2枚程度の要塞化がベストです。

 

 

以上です。1ターンに一気に並ぶ《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》はとにかく圧巻の一言。皆さんも是非使ってみて下さい!