読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suketarooの気まぐれ日記

自分の日常や趣味、デュエマ等の事を不定期にですが、つぶやきます。 odukというふたつ名を持ちますw ←どうでもイイw Twitterやってます! https://twitter.com/suketaroo1

踏み倒し相手には踏み倒しで返せ! 青黒デッドゾーンブラックアウト

どうも、suketarooです!今回は《ZEROの侵略 ブラックアウト》を投入した水と闇の2色構成のデッキをご紹介!

 

踏み倒しが流行してる現環境だからこそ、握ってみるのも良いかもしれないです!

 

 

デッキレシピ

●停滞の影タイム・トリッパー…………4枚

●解体人形ジェニー………………………4枚

●復讐 ブラックサイコ…………………4枚

●S級不死 デッドゾーン………………4枚

●ZEROの侵略 ブラックアウト ………4枚

●龍素記号 Sr スペルサイクリカ……2枚

●エナジー・ライト………………………4枚

●サイバー・ブック………………………3枚

●超次元リバイヴ・ホール………………2枚

●超次元ガロウズ・ホール………………4枚

●ゴースト・パイレーツ…………………3枚

●オーバーキル・グレイブヤード………2枚

 

超次元ゾーン

●勝利のプリンプリン/唯我独尊 ガイアール・オレドラゴン……1枚

●ヴォルグ・サンダー/雷獣 ヴォルグ・ティーガー……2枚

●勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊 ガイアール・オレドラゴン……1枚

●時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート…1枚

●勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊 ガイアール・オレドラゴン……2枚

●アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック…1枚

 

 

動かし方

 《停滞の影タイム・トリッパー》と《解体人形ジェニー》による妨害と《エナジー・ライト》等のドローを行い、優位に進めつつ超次元呪文からの《勝利のガイアール・カイザー》等から《復讐 ブラックサイコ》や《S級不死 デッドゾーン》に繋げて攻めていきます。《S級不死 デッドゾーン》が打点があるので、状況次第ではそのまま殴りに行くのもアリです。

 相手が踏み倒してきそうな相手なら《ZEROの侵略 ブラックアウト》を抱えておきます。ドロハン相手なら、相手がサイキック・クリーチャー出すだけで踏み倒せるので出来る限り抱えておきたいところ。(相手のハンデスがあるので複数枚抱えるのは難しいですが…)

 

 

各カードの説明

●停滞の影タイム・トリッパー

相手のマナがタップインされるカード。最初に出すカードはこれがオススメ。これを序盤に出すだけで相手の動きは確実に遅くなるので、《エナジー・ライト》等でドローを優先するのも良いです。後半は効果が効きづらくなるので、《復讐 ブラックサイコ》等の進化元にしても良いと思います。

 

●解体人形ジェニー

ピーピングハンデス。3ターン目の動きが《エナジー・ライト》なら次にこれに繋げる事で、ハンドアドバンテージを稼ぐ事が出来ます。ジェニーサイコの動きを行えば、相手の手札を一気に削る事も可能です。

 

●復讐 ブラックサイコ

出た時に2枚ハンデス出来る侵略クリーチャー。《解体人形ジェニー》に重ねて一気にハンデスしたり、《勝利のガイアール・カイザー》から繋げたりして相手の手札をからします。

 

●S級不死 デッドゾーン

このデッキのメインアタッカー。墓地からも侵略でき、出ただけで除去の出来るので、非常にパンチ力があるカードです。ある程度コントロールしたら、打点揃えて一気に攻め込むのも全然良い手段です。相手がクリーチャー踏み倒した時に出した《ZEROの侵略 ブラックアウト》から侵略して打点増加しつつ、トドメを狙うのも良いです。

 

●ZEROの侵略 ブラックアウト

相手がクリーチャーを踏み倒したら出てくるカード。踏み倒した相手にカウンターの容量で出てきて《復讐 ブラックサイコ》と《S級不死 デッドゾーン》の侵略を狙います。《オーバーキル・グレイブヤード》があれば、除去効果をしつつ侵略出来るので、盤面制圧する事も可能です。相手のデッキ次第では腐る可能性もあるカードですが、それでも高いポテンシャルを秘めているカードです。

 

●龍素記号 Sr スペルサイクリカ

呪文を使い回すカード。基本的には《超次元ガロウズ・ホール》を使い回します。使えば使う程、時代の変化を実感出来るカード。

 

●エナジー・ライト

安定と信頼の手札補充。堅実なカードは裏切らない。

 

●サイバー・ブック

トリガー持ちのドローソース。《サイバー・ブレイン》の後継として非常に便利なカード。《停滞の影タイム・トリッパー》を出した次に使って優位に進めましょう。

 

●超次元リバイヴ・ホール

墓地からクリーチャー1体を回収しつつサイキック・クリーチャーを出します。基本的には状況に応じたサイキック・クリーチャーを出しますが、特に出すカードを決めてないのなら《勝利のガイアール・カイザー》からの侵略をするのが基本です。

 

●超次元ガロウズ・ホール

1体をバウンスしつつサイキック・クリーチャーを出します。《龍素記号 Sr スペルサイクリカ》や《S級不死 デッドゾーン》を戻しながら再侵略したりとやれる事が多いカードです。

 

●ゴースト・パイレーツ

一応トリガー入れときたいなと思って投入。とりあえず自由枠なので、《龍脈術 水霊の計》等でも良いかもしれません。このカード自体は高い除去性能を持つのが良いですね。また、《龍素記号 Sr スペルサイクリカ》で使い回せる事も考えて《地獄門デス・ゲート》等でも良いかもですね。

 

●オーバーキル・グレイブヤード

自分のクリーチャーがスレイヤーになるD2フィールド。軽く、張り替え要員としても優秀で、《ZEROの侵略 ブラックアウト》のアタックトリガーも使用可能になります。

 

●勝利のプリンプリン

効果が優秀なので、選択肢としては候補になるカード。たまに超次元呪文連発して《唯我独尊 ガイアール・オレドラゴン》完成したりする事もあります。

 

●ヴォルグ・サンダー

デッキ破壊。《龍素記号 Sr スペルサイクリカ》と《超次元ガロウズ・ホール》で使い回して毎ターンデッキ破壊したり、自分に撃って《S級不死 デッドゾーン》を墓地に落としたり出来るので、2枚入れてます。

 

●勝利のリュウセイ・カイザー

《停滞の影タイム・トリッパー》がいなくて、相手のマナタップインさせたい時等に出します。また、《停滞の影タイム・トリッパー》がいる時にあえて出して、《停滞の影タイム・トリッパー》が除去された時の保険として出す事もあります。

 

●時空の凶兵ブラック・ガンヴィート

出た時に相手のタップされているクリーチャーを破壊出来るカード。こうした除去効果を持つカードは選択肢として非常に優秀です。覚醒が相手依存ですが、逆に相手の行動を制限する事に繋がります。

 

●勝利のガイアール・カイザー

基本的には出して殴って侵略します。《超次元ガロウズ・ホール》で侵略先を戻して出せば、使い回せるので、1枚でも回りますが。《超次元ガロウズ・ホール》で相手クリーチャーをバウンスしたい場面もあると思うので、保険の2枚目を入れてます。

 

●アクア・アタック<BAGOON・パンツァー>

置きドロー。最初に《超次元ガロウズ・ホール》を使った時はこれを出すと良いでしょう。手札が尽きず、《ZEROの侵略 ブラックアウト》も抱えやすくなります。

 

 

 

 

以上、suketarooでした!